本文へ移動

災害の対応・対策

災害時の対応について

地震や台風等の災害が発生した場合は、園庭や園内の安全な箇所への一時避難と共に、園舎の安全を確認します。その後、園舎内に留まれる場合は、保護者の方がお迎えが来るまで保育園で待機します。
園舎に留まることが困難な場合、または、災害発生から24時間が経過しても保護者の方がお迎えに来るのが難しい場合は、下記の広域避難場所へ避難し、お迎えが来るまで保育士と共に避難所で過ごします。
いずれの場合も、災害発生後の状況や避難所への避難の有無は、連絡帳アプリ等で保護者へとお伝えします。

広域避難場所① 川崎市立富士見中学校

〒210-0011 神奈川県川崎市川崎区富士見2丁目1−2

広域避難場所② 富士見公園

〒210-0011 神奈川県川崎市川崎区富士見1丁目1−6

消防訓練の実施

毎月1回、地震や火災を想定した消防訓練を実施しています。
また、台風災害を想定しての訓練や、避難所に指定されている場所へ実際に避難する訓練も、それぞれ年に1回行っています。
子ども達には、非常ベルの音や園内放送ですぐに保育士のところに集まること、放送をよく聞くこと、
※「」の約束を守って避難することを伝えています。

…おさない(逃げる時に前の人を押さない)
 …かけない(走らず、落ち着いて逃げる)
 …しゃべらない(私語をせず指示をよく聞く)
 …もどらない(安全確認の前に園内に戻らない)

園内の備蓄

災害後に園内で保護者のお迎えまで待機する場合に備えて、飲料水や非常食、携帯トイレ、レインコート等の備蓄をしています。
保存期間が近くなった非常食は、年長児に調理方法を見せたり、実際に食べてみたりすることで、防災意識や食育に繋げています。
*ふたば愛児会への郵送先・連絡先
 は、下記にお願い致します。
 
社会福祉法人ふたば愛児会
〒210-0846
神奈川県川崎市川崎区小田3-17-3
TEL.044-280-7922
FAX.044-280-7942
TOPへ戻る